本文へスキップ

Takamatsu kita Christ church

TEL. 087-805-3310

〒760-0080 香川県高松市木太町3818-2

私たちの信じていることCONCEP

神について

  • 神は唯一であり、全知全能、永遠、普遍の絶対的主権者である。
  • 神は御言葉によって天と地を創造され、私たち人間もこのお方の御手のわざである。
  • 唯一の神は父・御子・聖霊の三位一体の神であられる。

イエス・キリストについて

  • 主イエスは御子なる神であり、今より約2000年前に処女マリアを通して人となられた。
  • それゆえ主イエスは、完全な神性ととともに完全な人性をも有しておられる。
  • 主イエスは、私たちの罪のために十字架にかかられ、3日目に肉体をもってよみがえられ、ご自分の弟子たちに姿を現された後、昇天され、今は父なる神の右の座に着座しておられる。

聖霊について

  • 聖霊は単なる活動力やエネルギーではなく神ご自身であられる。
  • 聖霊は御父・御子と力・権威、その他のあらゆるご性質において全く同一であられるが、ご謙遜の故に御父・御子のご栄光のために働いておられる。
  • 聖霊のバプテスマとは、信じた全てのクリスチャンが、信じたその瞬間に受けたものであり、信じた後に求めるべき特別な経験であるとか、第二の恵みと言われるものではない。

聖書について

  • 旧新約聖書66巻はその原典において一点一画にまで神の権威がかかった神の御言葉であり、無誤・無謬である。
  • 聖書は生きており、聖書自体が人を教え、戒め、矯正し義の訓練を与えることができる。
  • 人は聖書が語っている通りを受け入れるべきであり、いわゆる比喩的解釈とか、霊的解釈というような人間の私的解釈を行うべきではない。

罪について

  • 人間はアダムの罪の結果、完全に堕落しており、罪の奴隷となってしまっている。
  • それゆえ、罪の赦しはアダムの子孫としての堕落から完全に免れている方 −処女からお生まれになった唯一の真の人− イエス・キリストによる以外にありえない。
  • クリスチャンになっても罪はなくならない。私たちはキリストの空中再臨のとき、肉体が贖われて初めて、罪のない体を受けることができる。罪がなくなる体験(きよめ)と呼ばれるものは聖書的ではない。

救いについて

  • 救いとはこの世の病や困難から救われることではなく、罪が赦されることにより、神による罪の刑罰である永遠の地獄から救われることである。
  • 救いはイエス・キリストを信じる信仰のみによる。バプテスマ(洗礼)を受けること・祈ること・奉仕することなど は、救いの条件ではない。
  • 救いは、永遠のものであり、一度救われた者は救い(あるいは信仰)を失うことはありえない。なぜならば、救われたものは主の御手の中にいるからである。

バナースペース

高松木太
キリスト教会

〒760-0080
香川県高松市木太町3818-2

TEL 087-805-3310
FAX   同上