本文へスキップ

Takamatsu kita Christ church

クリスチャン(Nさん)の証しCOMPANY

バナースペース

高松木太
キリスト教会

〒760-0080
香川県高松市木太町3818-2

TEL 087-805-3310
FAX   同上





 私が初めて教会を訪れたのは2010年の10月でした。私はそれまで、仕事に子育て、義母の介護と一生懸命に生きてきたつもりでした。ところが、突然予期せぬ出来事が自分の身に起こり、人間不信におちいり、なぜ自分だけがこんな目に会わなければならないのだろうと思っていました。
 そして、すがるような気持ちで神社に参拝したり、仏前に手を合わせたりして、ひたすら偶像礼拝をし、むしろそれが良いことのように思っていました。

 また、ちょうどそんな時分に、子供たちが社会人になり、ほっとひと息ついてふと自分をふり返った時、目的もなくただ漠然と周りの状況に流されてきただけだということに気付き、自分の弱さ、情けなさに目が向き、自己嫌悪にもおちいりました。何をしてもむなしく、心の内を満たしてくれるものが何もありませんでした。

 そんな時に、私の職場に入院してきた1人の患者さん(当時80才)のクリスチャン女性と出会いました。彼女とふれ合っているうちに、この方は今までに会った人とは何か価値観が違うな・・・と思いました。実直で真面目でおだやかで、何より神様の恵みにいつも感謝している人でした。“こんな人もいるんだ”と感動すら覚えました。

 本来ならば、こちらが勇気づけてあげなければならない立場なのに、逆にいつもその人にいやされていました。そして、それをきっかけにキリスト教会に行って話を聞いてみたいと思うようになったのです。

 ちょうどその年のことでした。コトデン林道駅すぐ近くのマルナカの前の踏切の所に、新しくキリスト教会ができていましたので、勇気をふるってその教会の門を叩いてみることにしたのです。

 教会で聖書の話を聞くうちに、本当に素直に自分の罪を神様の前に認めることができました。
本来なら、神様からの御怒りを受けて地獄に投げ込まれなければならなかった私ですが、こんな罪深い私のためにイエス様が十字架にかかって死んで下さったことを知りました。また、イエス様は十字架で死なれた後に、3日目によみがえることがおできになったまことの救い主であり、神であることを信じることができました。

 私はただ自分の罪を認めイエス様を心に信じたに過ぎませんが、神様は私に全ての罪の赦しと天国に入れる約束をお与え下さり、永遠のいのちと素晴らしい天への希望をお与え下さいました。
愛と恵みに満ちた救い主イエス様に心から感謝します。

 教会では、兄弟姉妹(神様にあって家族であるクリスチャンの仲間たち)が、温かく迎え入れて下さり、聖書を開くことができない私を毎回助けてくれたりと、愛に満ちた交わりに感謝しています。

 また、これからもさまざまな困難や試練が人生の中に訪れるでしょうが、神様が後ろ盾となり、しっかり守って下さっているので、必ず乗り越えさせて頂けるという確信と平安があります。弱く小さな私ですが、これからも神様に感謝しつつ信頼し、お仕えしていきたいと思っています。また、1人でも多くの人にイエス・キリストを伝えたいと願っています。